So-net無料ブログ作成
親バカの話 ブログトップ
前の10件 | -

こんな時だから [親バカの話]

昨年もチーム衣装終了後、なかなか個人衣装のお仕立てに戻れていないですね。

14着の袖付けの前の晩
夢の中で袖付けをしていました。
速くきれいにできる方法をあれこれやってみて「できた」というところで朝でした。
夢の中でデザインを考えたり、縫い方を考えたり
どうしても眠りが浅くなって、家族が何かするたびに目が覚めていました。

チーム衣装終了後は暑い熱帯夜にもかかわらず熟睡
夢の中のシュミレーションをしていないから?

個人衣装の準備をしつつ
この機会に型紙作成のための元型紙を作り直しました。

それと

娘たちが「こんなの私もほしいなあ」という要望に応えることにしました。

蝶々柄のプリントの残り布をご依頼主様から頂戴しました。
長女のために普段着のトップスです。
z01.JPG z02.JPG
後は黒のパワーネットに黒レース地をあわせてシースルー
長さは後で調整

バトン娘には同じデザインで後は黒のツーウェイ
z03.JPG
練習着ではなくこちらも普段着にすると言ってます。

頂戴した布は同じ柄が3パターンあったのでもう1着
z04.JPG
こちらは平均的140cm用です。
このままか、黒の1分丈スパッツと上下セットにして販売しようと思います。
娘たち用とは変えて、袖ぐり・襟ぐりを黒のテープでくるみました。
z05.JPG
テープはかなり伸ばしながら付けないといけないことがわかりました。

こげ茶をベースに朱色のテープを使った色違いも140cm用で裁断してあるのでですが
今日中にはできませんでした。

今日はお昼間、バトン娘と三女と買出しに行きました。
布やレースを買ってきたので、明日から個人用のお仕立てです。
nice!(4)  コメント(4) 

帰ってきちゃった [親バカの話]

イギリス・エジンバラからバトン娘が帰ってきました。
107日間、待ち遠しかったというより、もっと、1年くらい滞在させてあげたかった!

出発するときに思ったこと

帰ってくるときには1チーム分終わっているかな?もがいているかな?

23人分はまだ終わっていませんが、あと少しというところ
ミシンをかけながらではなく、手を止めてゆっくり『弾丸トーク』を聞きました。
リビングはお土産で足の踏み場もないくらい
これは我が家へのお土産の一部
miyage.JPG
nice!(10)  コメント(0) 

大仕事の前の休日です。 [親バカの話]

午前中にリラックスタイム:美容室に行って
夜はディナーです。
CA3F0015.jpg
当たり前のような食事も私にとっては貴重なひとときです。
nice!(4)  コメント(3) 

教えてくださいませんか [親バカの話]

バトン娘は
一緒に行っている同級生と相変わらずうまく行かなくて困っているようです。

夕食を用意してくれているホームステイ先に電話で夕食がいらないことだけ連絡し
そのまま友達の家に泊まりこんでしまう同級生に付き合えない
娘はステイ先に帰ります。
バトン娘はお堅いからなぁと思うところもあったのですが
外泊を繰り返す同級生のステイ先の方がどうしたものか、娘のステイ先に相談してきたようです。
娘のステイ先の方は本当に親切で娘のことを理解して認めてくれます。

感謝の気持ちを…
日本ならお手紙だけでも送りたいところですが
イギリスの方に感謝のお手紙を送っていいものでしょうか?
お手紙だけでは失礼でしょうか?
といって何をお送りすればいいんでしょう?
日本なら「残り1ヶ月よろしくお願い申し上げます」というところ
こういう表現は英語にある?
どなたかいいアドバイスを!Please give me a good advice.
nice!(2)  コメント(12) 

うれしいこと(追記) [親バカの話]

私は娘が
遊んでばかりでも、ホストの方や友達とうまくいかなくて泣き暮らそうと
全部娘にとって価値のあることだからかまわないんです。
ただ
ホストママが誠実で娘の良さを認めてくれて
相談相手がお姉さんと聞いて、姉妹仲がいいことを誉めてくれた
そういうホストママと出会えたことに感謝・感激で涙です。
(これぞ親バカ!)
nice!(1)  コメント(4) 

うれしいこと [親バカの話]

イギリス・エジンバラにいるバトン娘の話です。
レオタードの話ではありません。

この3日間はチームの方が個人用レオタードを作るために
デザインにあわせた型紙を作って、布と飾りや糸を手配して
練習がなかったので自宅まで来ていただいて作り方の説明
毎日数人の方が出たり入ったりで最後の方が帰られた後
長女にバトン娘から電話がかかってきました。


続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 

脱線・気晴らし [親バカの話]

こんなことしている暇に髪飾りのひとつも作ればいいものを…

真っ白なスモックシャツを買って着ているバトン娘を見て
「ここにスパンでも付けたら?」「して!」

スパンではなくて、ずっと前…3年前三女が髄膜炎で入院していたときにベッドの傍らで編んだお花
もう3年も前なんだ!
それを並べました。
emi01.JPG emi02.JPG
かわいい~
こういうことをするのもいいよね。
nice!(1)  コメント(4) 

劇科卒業式 [親バカの話]

劇科の卒業式は長い
卒業式は普通科と一緒ですが、そのあと最後の発表会があります。
終わった時、すでに1時を回っていました。
gekika.JPG
この後最後のホームルームがあるのですが
長女も次女(バトン娘)も出席してくれて、長女はバイトがあるので帰宅

夜には保護者も交えてパーティがありましたが
学年末テスト直前の生徒の授業は休めないし、お仕立ても気になるので娘だけ参加

夜の11時近くに帰宅した娘から
何人かのお母様から声をかけられたとの報告
このブログを見てくださっているとか
ありがとうございます。
これまで私がお仕立した衣装を見たいとか

私がこれまでお仕立した衣装を全部集めて並べてみたいもんだわ!

卒業式に参加した2人の娘は帰るなりバタンキューで寝てしまったけど
私は早く仕上げたい一心でちくちく
好きなことは頑張れる!(無理はしませんよ!決して)

演劇科は素晴らしい!
ここで3年間学べて三女は幸せ者です。
nice!(0)  コメント(2) 

頑張って [親バカの話]

劇科娘たちは受験です。
実技の受験を受ける子が昨年作ったベロアの練習着で頑張ってくると
メールをくれました。
20080618.JPG
赤のレオタードです。
東京での受験だそうです。頑張って!
nice!(1)  コメント(2) 

今さらながら [親バカの話]

劇科娘の卒業公演が終わって2週間
娘と一緒によく遅くまで起きていたものだと思います。

卒業公演の前日や当日の朝
娘は自分がうまく演じることができるかとか舞台そのものがうまくいくか
なんてひとつも心配していませんでした。
「もう練習できないのがさびしい」そればかりでした。
終わった後もそうでした。
後日写真がHPで公開されたときも「うまく踊れているんじゃん」
後悔など微塵も残っていません。
試験も兼ねた公演なのに!

お仕立てを承ってから
うまくできるか、デザインを請け負うことが多いので気に入ってもらえるか
もちろん納期のことも気になってしかたありません。
当然のことなんですが
娘みたいにそのこと=お仕立そのものを苦しいことがあってもどれだけ楽しめるか
だって好きなことですものね。
所属するチーム以外のチーム衣装のご依頼がありました。
発注する布の量を見て恐ろしくなってしまいました。
娘を見習ってこれだけ縫えることを感謝して楽しもうと自分に言い聞かせます。
nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 親バカの話 ブログトップ